美容室・エステの経営コンサルティング|船井総合研究所
MENU
03-6212-2933

日本国内屈指の美容室・エステ経営コンサルティングの船井総研!売上アップや生産性向上の事例などはもちろん、集客やリピート・採用などテーマに分かれた情報も毎日更新!

マイページ
メールでのお問い合わせ
03-6212-2933
メルマガ登録
Web集客完全攻略パッケージ
美容室経営ブログ

美容室経営ブログ

2019年10月29日

2019年10月29日

マーケティング

松本 雄貴

《先着3名様特典あり》投資ゼロでもできる!お客様に愛される高単価・生産性UPケアサロンづくりの秘訣?

皆様、こんにちは。
いつもご愛読いただきありがとうございます。
今回は投資ゼロでもできる!お客様に愛される高単価・生産性UPケアサロンづくりの秘訣についてお話をさせていただきます。

まずは、ケアメニューを導入されて結果を出されているサロン様の数字をご紹介します。

・客単価8190円→9700円
・単店年商7500万円→1億円
・年間平均生産性79万円→120万円
・営業利益3.2%→16.3%

そして現状の美容室業界の課題についてお話します。

・サロンの同質化
・低価格化
・低リピート率

この3つに悩まれている経営者の方も多いのではないでしょうか?

ケアメニュー特化型サロンを導入することでこれらを解決することができます。
導入することで得られる3つのポイントは

・集客強化
・客単価強化
・リピート率強化

と美容室で課題となっている3つのポイントをケアメニュー特化で解消できる

◇━┓————————————————————–
┃1┃集客強化→媒体数(WEB)×商品力(ケアメニュー)
┗━┛————————————————————–
現在の業界における集客媒体の代表的なものはHot Pepper Beauty・Google my Business・SNSではないでしょうか?
しかし、多くの美容室がこれらの媒体に出稿しており差別化ができなくなってきています。
そこで、ケアメニューに特化していく、つまり自サロンのウリを明確にし、他サロンとの差別化により媒体別集客数を最大化させることがこれからの時代の集客の基本になってくるかと思います。
そして、商品力という点では確実に効果を実感していただけるメニューをメインに据えることがポイントです。
お客様に来店していただいて、その場で確実に効果を実感していただけるという点ではケアメニュー(トリートメント・スパ)は非常に相性が良いです。

サロン内に一つウリとなるメニューを設けて、他サロンと差別化を図ることが集客最大化のポイントになります。
◇━┓————————————————————–
┃2┃来店サイクルを安定させリピート率強化
┗━┛————————————————————–
株式会社リクルートライフスタイル 美容センサス2018年上期の公表されているデータによると、ケアメニューの利用率が2014年19.8%→2018年上期36.7%とここ数年で利用率が伸びてきていることが分かります。
ケアメニューに関しては、効果を維持するために定期的に来店することが必要になってくるので、来店サイクルが安定しやすいというメリットがあります。
来店サイクルが安定するということは必然的にリピート率を上げることが可能です。

—– —– —– —– —– —– —– —– —– —– —–
◇━┓————————————————————–
┃3┃客単価10000円を超えるメニュー設計
┗━┛————————————————————–
ケアメニュー特化型サロンでは、通常美容室とは異なるメニュー戦略を行います。
まずは、単品メニューでの打ち出しは行いません。すべてのメニューにケアメニューを付加して打ち出していく形になります。
そうすることで、クーポンの安売りを防ぐことができますし、最初からケアに関心のあるお客様を集客することが可能になります。
よって客単価を高めながら集客数も伸ばすことができるので、価格競争に巻き込まれることもなくなります。



このようにケアメニュー特化型サロンに移行していくことで美容室業界が抱えている課題を解消することができます。

■下記一つでも当てはまる方はオススメ!
□ 営業利益率が5%を切っている
□ 客単価が低くて悩んでいる
□ リピート率が低くて悩んでいる
□ 他サロンと同質化してしまっている
□ ウリにしたいメニューや商品が明確に決まっていない
□ スタッフの退職に応じて、売上が大きく下がる
□ 人材採用に苦戦している
□ 成長するために、何から手をつけて良いか分からない
□ いろいろやっているが、成果に結びつかない

先着3名様限定!
ケアメニュー特化型サロン導入の手引きを配信させていただきます!
ご興味ある方は
松本:y-matsumoto@funaisoken.co.jp
まで気軽にご連絡いただければと思います。

メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP