美容室・エステの経営コンサルティング|船井総合研究所
MENU
03-6212-2933

日本最大級の美容室・エステ経営コンサルティングの船井総研!売上アップや生産性向上の事例などはもちろん、集客やリピート・採用などテーマに分かれた情報も毎日更新!

マイページ
メールでのお問い合わせ
03-6212-2933
メルマガ登録
Web集客完全攻略パッケージ
美容室経営ブログ

美容室経営ブログ

2016年10月05日

2016年10月05日

マーケティングマネジメント

美容エステチーム

【店販】”質より量”で簡単に売れる方法

こんにちわ!

船井総合研究所 美容エステチームです。

 

本日は“店販”についてです。

 

私の顧問先の課題は

採用に課題のある美容室様が多いのですが、

 

採用がひと段落すると

次は、生産性の向上を課題に

業績アップに力を入れます。

 

 

 

 

まずは

・新規集客

 

その後

・新規リピート

 

とつながります。

 

 

単価を上げるために

・トリートメント

・店販 も進めます。

 

 

私が強く感じる… というより

 

実体験で疑問を感じるのが『店販』です。

 

 

 

私は美容室をコンサルティングしますので、

年間に10店舗以上の美容室に施術に行きます。

 

 

 

 

実際の現場は5%以下です。

 

 

顧問先のもあれば

話題のお店

顧問先の競合店舗も…

 

基本的には

カットのみのメニューはオーダーしない

 

俗にいう

単価の高い男性顧客ですが、

 

 

私に店販を提案する美容師さんは

5%以下です。

 

 

 

 

……完全に

矛盾しています。

 

お店の数字は店販比率も出しているにも関わらず

提案しないのです。

 

 

私に言いにくいのかと感じ

弊社の社員に聞いてみても

 

ほとんど商品を進められた経験を持つ方はいません。

 

 

そうなんです。

 

 

勝手に顧客を決めています。

 

数字は力といいいます。

 

 

まずはアプローチ数の増加です。

 

 

美容室は

シャンプーをしてから施術を行います。

 

 

つまり

『体験型の販売』が可能です。

 

 

この最大の販売機会を

自ら逃すのは

とてももったいないのです。

 

 

仮に全顧客に紹介したら

販売数は1,3倍~1,5倍に伸びるでしょう。

 

 

実際にそんな美容師さんを数名見てきました。

これから年末に向けてのキャンペーンを行う美容室が多くなると思います。

 

まずはアプローチの徹底で即時成果をだして

手ごたえを感じてほしいと思います。

 

 

ポイントは五感で体験してもらうことです。

メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP