美容室・エステの経営コンサルティング|船井総合研究所
MENU
03-6212-2933

日本最大級の美容室・エステ経営コンサルティングの船井総研!売上アップや生産性向上の事例などはもちろん、集客やリピート・採用などテーマに分かれた情報も毎日更新!

マイページ
メールでのお問い合わせ
03-6212-2933
メルマガ登録
Web集客完全攻略パッケージ
美容室経営ブログ

美容室経営ブログ

2017年06月15日

2017年06月15日

マーケティング

松本 雄貴

ホットペッパービューティ活用術Ver.1

皆様、こんにちは!

船井総合研究所

美容室を専門に経営コンサルタントをしている松本雄貴です。

 

本日のテーマは「ホットペッパービューティの正しい活用法」です。   

 

美容室で集客を行う際に、避けては通れないのがホットペッパービューティの活用です。

大事なのはわかっているが、どこを注意して更新すればいいかわからないとの声を良く聞きます。

サロン情報ページ・クーポン・メニューページなどありますが、今回はサロンページの顔である「サロン情報ページ」に絞りたいと思います。

 

サロン情報ページを充実させる際のポイントは大きく3つです。

①キャッチコピーを魅力的に

②PR文章でサロンアピールを

③どんな写真を掲載すればいいのか

 

 

①キャッチコピーを魅力的に

お客様がサロン情報ページに入ってきたときに、まず目にする部分です。

ここでサロンの魅力をしっかりアピールできなければ、お客様はページから離脱してしまいます。

では、どのような文章を設定すれば良いのか。

・店リピート97.8%! 口コミ4.8点以上!といった数値でお客様にアピールすること。

リピート率が高い・口コミが高いということは、満足度が高いということをアピールできます。つまり、お客様に安心を訴求することになるということです。

・「新規最大20%OFF」といった価格訴求をするのも効果的です。新規でページに訪問したお客様がクーポン・メニューのページに流れやすくなります。予約率はページの回遊性が高いほど高まるので効果的です。

 

②PR文章でサロンアピールを

PR文章では、自店の特徴・強みをより詳細に記入することができます。

・「〇〇駅徒歩5分」といった立地訴求を行うことで、近隣のお客様の来店ハードルを下げることが出来る。

・「ダブルカラー・イルミナカラー」といった商品名を前面に出すことも効果的

流行を取り入れることで、メニューページへ誘導することが出来る。

 

③どんな写真を掲載すれば良いのか

文章も大事ですが、掲載される写真も大事です。お客様は来店前はどんなお店か不安に思う方もいます。店内が見えることで来店イメージができるので、不安感を取り除くことができます。

・内観・外観の写真を掲載する。できれば内観2枚・外観1枚の写真は最低でも掲載したいところ。

・写真の質は明るく、画質の良いものを活用する。写真の質が悪ければ、サロンの魅力が半減します。

⇒サロン写真をたくさん掲載し、お客様に来店のイメージをしてもらえるようにすることが大事です。

 

以上がホットペッパービューティの効果を高めるための第1歩です。

ページの顔である「サロン情報ページ」をしっかり作りこんでお客様に魅力をアピールしましょう!

メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP